ソフトバンクエアーとセットでお得な固定電話「おうちのでんわ」

SoftBankの固定電話サービス「おうちのでんわ」をお調べですね。

携帯電話の普及により自宅に固定電話を設置しないご家庭が増えてきていますが、SoftBankが提供する固定電話の「おうちのでんわ」は工事不要従来の固定電話よりも通話料が安い特徴があります。

特に「おうちのでんわ」はソフトバンクエアーとセット契約するとお得です。

お得な理由

ソフトバンクエアーの料金プラン「Air 4G/5G共通プラン」と「おうちのでんわ」をセット契約するとソフトバンクエアーの月額基本料金から12ヶ月間毎月550円割引されるため、おうちのでんわの月額基本料金が12ヶ月間は実質無料となります。

2024年6月19日以降に「おうちのでんわ」の月額基本料金は1,078円ですが、ソフトバンクエアーをはじめとする対象サービスとセット契約すると「でんわまとめて割(月々528円割引)」が適用されて、割引適用後の月額基本料金は550円となります。

また、「でんわまとめて割」を適用するとソフトバンクエアーの月額基本料金から12ヶ月間毎月550円が割引される「SoftBank Air おうちのでんわセット割」が適用されるため、おうちのでんわの月額基本料金は12ヶ月間実質無料となります。

この記事ではソフトバンクエアーとセット契約でお得に利用可能な固定電話サービス「おうちのでんわ」の工事不要で利用できる仕組みや特徴、導入時の初期費用、月額基本料金や通話料、契約前に知っておきたい注意点などをまとめて解説します。

ABOUT US
長井智
インターネット販売代理店で10年以上勤務し、各社光回線やプロバイダなどの販売に従事。現在は自らインターネット回線の販売代理店としても活動しながらトクハヤネットも運営中。 著者情報

※この記事の表示金額はすべて「税込」です。

目次

ソフトバンクエアーとセット契約でお得な「おうちのでんわ」の特徴

SoftBankが提供する固定電話サービス「おうちのでんわ」は、ソフトバンクエアーとセットで契約すると「おうちのでんわ」の月額基本料金が実質無料になったり、一般加入電話よりも通話料が安いのでおすすめです。

まずここからは「おうちのでんわ」の特徴についてご紹介します。

おうちのでんわの特徴
  • 回線工事不要で設置できる固定電話サービス
  • ソフトバンクエアーとセット契約で月額基本料が550円
  • 使用中の電話機と電話番号は同じものを使用可能
  • 専用端末(でんわユニット)は実質無料
  • 一般加入電話よりも通話料が安い
  • 最低契約期間(縛り)がない

以下で上記のおうちのでんわの特徴を詳しく解説します。

回線工事不要で設置できる固定電話サービス

一般的な固定電話は契約後に回線工事が必要です。

しかし、「おうちのでんわ」は携帯電話と同じように電波(4G)を利用して通話ができるサービスなので、契約後に回線工事が不要で手軽に導入できるSoftBankが提供する固定電話サービスです。

執筆者:長井

「おうちのでんわ」は、電柱にある”電話回線”を使用せずに携帯電話同様に「電波」を利用して通話をする今までにない固定電話サービスです。

使用する端末「でんわユニット」

「おうちのでんわ」では専用端末である「でんわユニット」という端末を使用します。

おうちのでんわ専用端末である「でんわユニット」が携帯電話同様にSoftBankの電波(4G)を受信することで通話ができるようになる仕組みとなっているため工事不要の固定電話サービスです。

でんわユニットと固定電話本体を電話線(モジュラーケーブル)で接続するだけです。

「おうちのでんわ」は一般的な電話回線を利用するサービスではなく、携帯電話と同じように「電波」を利用する固定電話サービスであることがご理解頂けると思います。

執筆者:長井

「おうちのでんわ」は、03などから始まる市外局番の電話番号を利用できる「移動できない携帯電話」をイメージして頂ければ解りやすいかもしれません。

ソフトバンクエアーとセット契約で月額基本料が550円

「おうちのでんわ」の月額基本料金は1,078円です。

「おうちのでんわ」と対象サービス(ソフトバンクエアーなど)をセットで契約すると、「でんわまとめて割」が適用されて月額基本料金が550円となります。

単体契約セット契約
月額基本料金1,078円1,078円
でんわまとめて割528円割引
請求額/月1,078円550円
出典:https://www.softbank.jp/internet/ouchinodenwa/

ソフトバンクエアーをはじめとする対象サービスと「おうちのでんわ」をセット契約することで、おうちのでんわの月額基本料金から永年毎月528円割引される「でんわまとめて割」が適用されるため月額基本料金が550円となります。

「おうちのでんわ」から通話した場合は、月額基本料に加えて通話料の支払いが発生します。

月額基本料金が実質無料に

2024年6月19日よりソフトバンクエアーの契約プラン「Air 4G/5G共通プラン」を契約中の方を対象に「おうちのでんわ」へ加入して「でんわまとめて割」を適用すると「SoftBank Air おうちのでんわセット割」も適用されます。

「SoftBank Air おうちのでんわセット割」を適用すると「でんわまとめて割」適用後の月額基本料金(550円)と同額がソフトバンクエアーの月額料金から割引されるため「おうちのでんわ」の月額基本料金が12ヶ月間実質無料となります。

使用中の電話機と電話番号は同じものを使用可能

条件に合えば既に固定電話を設置されている方は、おうちのでんわで現在ご使用中の「電話機本体」や「電話番号」と同じものをそのまま継続して使用可能です。

現在、固定電話をご使用中の方が「おうちのでんわ」へ契約を乗り換えたとしてもご使用中の電話機や電話番号を変更する必要がなく継続してそのまま使用することが可能です。

注意 ただし、「おうちのでんわ」で継続使用できる電話番号は以下です。

継続利用可能な電話番号
  • NTT東日本/NTT西日本の加入電話を契約時に取得した電話番号
  • ISDN電話の加入時に取得した電話番号
執筆者:長井

上記の方法で取得した電話番号であれば「おうちのでんわ」でも継続して同じ電話番号を使用可能です。

また、「おうちのでんわ」を契約時に新しい市外局番の電話番号を無料で取得することも可能です。

例えば、フレッツ光などの光回線オプションサービス「ひかり電話」などに加入した際に取得した電話番号は「おうちのでんわ」では同じ電話番号をそのまま使用できません。

アドバイス

現在ご使用中の電話番号と同じものを「おうちのでんわ」でも使用する場合、初期費用として「番号継続登録料(2,200円)」の支払いが発生すると共に、NTT加入電話の「利用休止費(3,300円)」がNTTから請求されます。

専用端末(でんわユニット)は実質無料

「おうちのでんわ」を利用するにあたり専用端末である「でんわユニット」が必要です。

おうちのでんわ専用端末「でんわユニット」は契約時に購入する必要があります。
(でんわユニットはレンタル不可です。)

現金販売価格17,050円
36回分割の場合月々474円
出典:https://www.softbank.jp/internet/ouchinodenwa/price/

「でんわユニット」の端末本体価格は17,050円です。
しかし、36回分割購入で契約すると月々474円を36ヶ月間で支払います。

分割購入の月々の支払いは、おうちのでんわ月額基本料金に合算されて毎月請求されます。

執筆者:長井

ただし、36ヶ月間は「月月割」が適用されるので「でんわユニット」は実質無料となります。

以下、2024年7月現在のソフトバンクエアーとセット契約して「でんわまとめて割」適用後のおうちのでんわの料金です。

月額基本料金1,078円
でんわまとめて割528円割引
月月割474円割引
(36ヶ月間)
小計76円
でんわユニット賦払金
(36回分割購入)
月々474円
(36ヶ月間)
請求額/月550円
出典:https://www.softbank.jp/internet/ouchinodenwa/price/

ソフトバンクエアーとおうちのでんわをセット契約すると「でんわまとめて割」が適用されて月額基本料金は550円となり、さらに「月月割(474円割引)」が36ヶ月間適用されるため、各割引適用後の月額基本料金は76円となります。

各割引適用後の月額基本料金(76円)に「でんわユニット」の36回分割購入の支払額(474円)が合算されて毎月の請求額は550円となるため、月月割の適用により「でんわユニット」端末代が実質無料となることが分かります。

アドバイス

月月割は「でんわユニット」の36回分割購入の支払額と同額が月額基本料金から36ヶ月間割引されるので、おうちのでんわを36ヶ月間利用すれば「でんわユニット」は実質無料になる計算となります。

一般加入電話よりも通話料が安い

「おうちのでんわ」の特徴として一般加入電話よりも通話料が格安である点も挙げられます。

おうちのでんわの主な通話料は以下です。

電話をする相手通話料
固定電話宛
他社IP電話宛
全国一律
8.789円/3分
SoftBank携帯宛通話料無料1
おうちのでんわ宛
ホワイト光電話宛
BBフォン宛
BBフォン(M)宛
ケーブルライン宛
ひかりdeトークS宛
通話料無料
他社携帯電話宛
PHS宛
17.6円/1分
国際電話(米国宛)7.99円/3分
出典:https://www.softbank.jp/internet/ouchinodenwa/
  1. ホワイトコール24(月額料無料)への申込が必要です。ホワイトコール24の申込がない場合は17.6円/1分の通話料が発生します。 ↩︎

「おうちのでんわ」からSoftBankの携帯電話宛やその他SoftBankが提供する対象サービスへ通話をしても24時間いつでも通話無料で利用することが可能です。また、固定電話へ通話をしても全国一律8.789円/3分で通話をすることが可能です。

執筆者:長井

NTT一般加入電話よりも通話料が安いため「おうちのでんわ」へ乗り換えるとコスト削減が可能です。

最低契約期間(縛り)がない

「おうちのでんわ」には2年や3年などの最低契約期間(いわゆる「縛り」)がありません。

最低契約期間なし
契約解除料なし

最低契約期間がないのでおうちのでんわをいつ解約しても契約解除料の支払いは不要です。

ただし、専用端末(でんわユニット)を36回分割購入した場合は36ヶ月以内に解約すると端末代残債(残金)の支払いは必要となる点は留意しておきたい点です。

ソフトバンクエアーとセット割引「でんわまとめて割」

ソフトバンクエアーと固定電話サービス「おうちのでんわ」の両方をセットで契約すると、おうちのでんわ月額基本料金から毎月528円割引されて月額基本料金が550円となる「でんわまとめて割」が適用されます。

そこでここからは「でんわまとめて割」の適用条件と適用後に何が割引されるのかを解説します。

「でんわまとめて割」の適用条件

「おうちのでんわ」と対象サービス(ソフトバンクエアーを含む)をセット契約すると「でんわまとめ割」が適用されます。

「でんわまとめ割」が適用可能なSoftBank / Y!mobileの対象サービス(対象プラン)は以下です。

対象サービス対象プラン
SoftBank Airすべての料金プラン
SoftBankソフトバンクで契約できる
すべての料金プラン
Y!mobileワイモバイルで契約できる
すべての料金プラン
出典:https://cdn.softbank.jp/ybb/set/data/terms/pdf/attention-denwamatometewari.pdf
執筆者:長井

上記に記載する対象サービス(ソフトバンクエアーなど)と「おうちのでんわ」をセット契約すると「おうちのでんわ」の月額基本料金が550円となる「でんわまとめて割」が適用可能です。

「でんわまとめて割」適用で初期費用と月額料金が割引

ソフトバンクエアーなどの「対象サービス」と「おうちのでんわ」をセット契約すると「でんわまとめて割」が適用可能です。

「でんわまとめて割」の割引対象となる費用は以下です。

おうちのでんわ
初期費用
契約事務手数料が無料
(通常880円が無料に)
番号利用登録料が無料
(通常1,100円が無料に)
おうちのでんわ
月額基本料金
月額基本料が550円
(毎月528円割引)
出典:https://www.softbank.jp/internet/ouchinodenwa/price/

でんわまとめて割が適用されると、おうちのでんわ契約時に支払いが必要な初期費用である契約事務手数料(通常880円)が無料になるほか、番号利用登録料(通常1,100円)も無料となります。

また、でんわまとめて割が適用されると、おうちのでんわ月額基本料金(1,078円)から毎月528円割引されるため月額基本料金550円で利用できるようになります。

SoftBank Airとセット契約でおうちのでんわの月額基本料が実質無料

ソフトバンクエアーの料金プランである「Air 4G/5G共通プラン」と「おうちのでんわ」の組み合わせで契約して「でんわまとめて割」を適用するとソフトバンクエアーの月額基本料金から毎月550円が割引されます。

執筆者:長井

ソフトバンクエアーの「Air 4G/5G共通プラン」と「おうちのでんわ」の組み合わせで「でんわまとめて割」を適用すると、ソフトバンクエアーの月額基本料金から12ヶ月間毎月550円が割引される「SoftBank Air おうちのでんわセット割」が適用されます。

SoftBank Air
おうちのでんわセット割
SoftBank Airの月額基本料から
12ヶ月間毎月550円割引

おうちのでんわが実質無料となる特典

「SoftBank Air おうちのでんわセット割」は、おうちのでんわの月額基本料が実質無料となる特典です。

「SoftBank Air おうちのでんわセット割」適用でおうちのでんわの月額基本料が実質無料となるイメージは以下です。

「でんわまとめて割」適用でおうちのでんわの月額基本料金は550円となります。

さらに「SoftBank Air おうちのでんわセット割」適用によりソフトバンクエアー(Air 4G/5G共通プラン)の月額基本料金から12ヶ月間550円が割引されますので、「でんわまとめて割」適用後のおうちのでんわ月額基本料金(550円)と相殺によりおうちのでんわ月額基本料金は実質無料になる計算です。

執筆者:長井

簡単に説明すれば、ソフトバンクエアーの料金プラン「Air 4G/5G共通プラン」を契約中の方が「おうちのでんわ」も契約すると「おうちのでんわの月額基本料が実質無料となる」ということです。

「おうちのでんわ」契約時の初期費用(導入費用)

携帯電話やスマホの契約、インターネット契約など通信契約をする際は手数料や工事費などの様々な初期費用の支払いが発生しますが、それと同じように「おうちのでんわ」でも契約時に初期費用が発生します。

主な「おうちのでんわ」の初期費用は以下です。

おうちのでんわ初期費用
  • 契約事務手数料
  • 番号利用登録料
  • 番号継続登録料
  • NTT利用休止費

おうちのでんわの初期費用については以下で詳しく解説します。

契約時に発生する主な初期費用(導入費)

おうちのでんわ契約時には以下のような初期費用の支払いが発生します。

おうちのでんわ
単体契約
でんわまとめて割
適用時
契約事務手数料880円0円
番号利用登録料1,100円0円
初期費用合計1,980円0円
出典:https://www.softbank.jp/internet/ouchinodenwa/price/

おうちのでんわ契約時に必ず「契約事務手数料」と「番号利用登録料」が発生する初期費用で合計1,980円です。

執筆者:長井

ただし、「ソフトバンクエアー」と「おうちのでんわ」をセット契約した場合は、初期費用の「契約事務手数料」と「番号利用登録料」はでんわまとめて割適用により無料となります。

ただし、「ソフトバンクエアー」と「おうちのでんわ」をセット契約した場合は、初期費用の「契約事務手数料」と「番号利用登録料」はでんわまとめて割適用により無料となります。

電話番号を継続使用する場合の初期費用

現在、NTT加入電話やISDN電話で取得した電話番号をご使用中の場合は「おうちのでんわ」へ契約を乗り換えるとそのまま電話番号を継続使用することが可能ですが、その際は手数料と登録料の支払いが発生します。

「おうちのでんわ」でご使用中の電話番号を継続使用する場合の初期費用は以下です。

番号継続登録料2,200円
NTT利用休止費3,300円
出典:https://www.softbank.jp/internet/ouchinodenwa/price/

おうちのでんわで現在ご使用中の電話番号を継続使用する場合「番号継続登録料(2,200円)」と「NTT利用休止費(3,300円)」の合計5,500円の初期費用の支払いが必要となります。

「番号継続登録料」はSoftBankから、「NTT利用休止費」はNTTからそれぞれ請求されます。

執筆者:長井

ただし、おうちのでんわとソフトバンクエアーの「Air 4G/5G共通プラン」をセット契約して「でんわまとめて割」を適用すると番号継続登録料は無料となります。

アドバイス

おうちのでんわ契約時に新しい電話番号を取得する場合には、番号継続登録料とNTT利用休止費の支払いは不要です。

おうちのでんわの月額基本料金と通話料

おうちのでんわは毎月通話しなくても「月額基本料金」の支払いが発生します。
また、相手に通話した場合は別途「通話料」が月額基本料金と合算されて請求されます。

しかし、「おうちのでんわ」の月額基本料金と通話料はNTT一般加入電話よりも格安です。

割引適用後の月額基本料金はたったの76円

「おうちのでんわ」は通話しない月でも月額基本料金の支払いは必要です。

おうちのでんわの月額基本料金は以下です。

おうちのでんわ
単体契約
でんわまとめて割
適用時
月額基本料金1,078円1,078円
でんわまとめて割528円割引
月月割
(36ヶ月間)
474円割引474円割引
割引後の
月額基本料
604円76円
出典:https://www.softbank.jp/internet/ouchinodenwa/price/

「おうちのでんわ」の月額基本料金は1,078円です。

しかし、「ソフトバンクエアー」と「おうちのでんわ」をセット契約すると「でんわまとめて割」が適用されて、月額基本料金から毎月528円が割引されるので月額基本料金は550円となります。

また、「でんわまとめて割」の割引適用後の月額基本料から36ヶ月間割引される「月月割」も適用されます。

「でんわまとめて割(月々528円割引)」と36ヶ月間適用される「月月割(月々474円割引)」が両方適用されると、おうちのでんわ月額基本料金は76円となります。

執筆者:長井

「でんわまとめて割」と「月月割」の割引適用後の月額基本料(76円)となりますが、専用端末である「でんわユニット」の36回分割支払い額(474円)が合算されるため請求額は月額550円となります。

一般加入電話よりも通話料が格安

「おうちのでんわ」から通話する相手に電話をかけた場合は当然ながら通話料が発生します。

しかし「おうちのでんわ」は一部の通話相手なら24時間いつでも通話料が無料となります。

おうちのでんわから電話をする相手が「おうちのでんわ」「ホワイト光電話」「BBフォン」「BBフォン(M)」「ケーブルライ」「ひかりdeトークS」の場合距離や時間帯を問わずいつでも通話料無料となります。

また、ホワイトコール24に無料登録すればSoftBank携帯電話宛の電話も通話料無料となります。

電話をする相手通話料
固定電話宛
他社IP電話宛
全国一律
8.789円/3分
SoftBank携帯宛通話料無料
ホワイトコール24加入が条件
おうちのでんわ宛
ホワイト光電話宛
BBフォン宛
BBフォン(M)宛
ケーブルライン宛
ひかりdeトークS宛
通話料無料
他社携帯電話宛
PHS宛
17.6円/1分
国際電話(米国宛)7.99円/3分
出典:https://www.softbank.jp/internet/ouchinodenwa/

「おうちのでんわ」から固定電話宛に通話をしても全国一律で3分8.789円です。

執筆者:長井

距離や時間帯は関係ないので、例えば北海道から沖縄へいつ通話をしても3分8.789円です。

また、「おうちのでんわ」からアメリアへ国際電話をした場合は3分7.99円と格安です。

「おうちのでんわ」から110(警察)・119(消防)・118(海上保安本部)への緊急通報も通話料無料で発信可能です。

時報
(117)
8.789円/3分
天気予報
(177)
8.789円/3分
災害用
伝言ダイヤル
(171)
8.789円/3分
電話番号案内
(104)
月の1案内目:
66円月の2案内目以降:
1案内につき99円
電報
(115)
通話料無料
+電報代
電話番号案内(104)は午後11時から翌午前8時まで165円/案内。
アメリカ
(アラスカ・ハワイ含む)
7.99円/3分
中国32円/1分
香港31円/1分
台湾31円/1分
韓国31円/1分
イギリス23円/1分
フランス23円/1分
ドイツ23円/1分
イタリア23円/1分
カナダ12円/1分
ロシア47円/1分
インド84円/1分
ブラジル32円/1分
メキシコ39円/1分
南アフリカ76円/1分
オーストラリア23円/1分
タイ48円/1分
インドネシア48円/1分
シンガポール31円/1分
サウジアラビア84円/1分
トルコ47円/1分
アルゼンチン55円/1分
出典:https://www.softbank.jp/internet/ouchinodenwa/price/price_overseas/

ただし、「おうちのでんわ」から発信できない番号もありますので注意が必要です。

おうちのでんわ専用端末は「月月割」適用で実質無料

「おうちのでんわ」はソフトバンクエアー同様に電波を受信して通話ができる固定電話サービスなので、専用端末(でんわユニット)が電波を利用して通話ができるサービスなので回線工事不要で簡単に固定電話を設置することができます。

ただし、専用端末の「でんわユニット」はレンタルではなく購入する契約となります。

端末本体価格17,050円
分割購入(36回)月々474円
(36ヶ月間)
月月割474円割引
(36ヶ月間)

専用端末の「でんわユニット」の本体価格は17,050円ですが、36回分割の購入契約をすると月々474円の支払いとなります。

分割支払い額はおうちのでんわ月額基本料金に合算されて毎月請求されます。

しかし、「月月割」適用より「でんわユニット」の端末代は実質無料となります。

以下で、月月割について詳しく解説します。

専用端末代は36回分割購入で月々474円

専用端末の「でんわユニット」の本体価格は17,050円です。

でんわユニットは「一括」か「分割」での購入となります。
ただし、一括購入すると契約時に17,050円の支払いが必要となるため9割以上の方が分割購入しています。

でんわユニットを36回分割支払いで購入契約すると月々474円を36ヶ月間で支払います。
(36回目の支払いは460円となります。)

でんわユニットの分割支払額はおうちでんわ月額基本料金と合算されて毎月請求されます。

月月割適用で「でんわユニット」が実質無料になる仕組み

おうちのでんわ契約時に「でんわユニット」を購入契約すると、おうちのでんわ月額基本料金から毎月474円が割引される「月月割」が36ヶ月間適用されます。

「おうちのでんわ」の月額基本料金は1,078円ですが「月月割(毎月474円割引)」が適用されるため、36ヶ月間の月額基本料金は604円となります。

専用端末(でんわユニット)を36回分割購入すると月々474円を36ヶ月間支払っていきます。

「おうちのでんわ」の月額基本料金から36ヶ月間474円が割引される「月月割」適用後の月額基本料金(604円)に「でんわユニット」の36回分割支払額(474円)が合算されるため毎月の請求額は1,078円となります。

執筆者:長井

お気付きですか?
元々のおうちのでんわ月額基本料金(1,078円)と同じ金額です。

おうちのでんわ月額基本料金から36ヶ月間割引される「月月割(毎月474円割引)」と、でんわユニットの「36回分割支払額(月々474円)」は同額なので端末代は実質無料となる計算です。

アドバイス

おうちのでんわ月額料金から36ヶ月間「月月割」が適用されるため端末代は実質無料とはなりますが、おうちのでんわの契約から36ヶ月以内に解約すると端末代残債(残金)が残りますので解約時の解約費用として認識しておく必要があります。

おうちのでんわ解約時に発生する解約費用

おうちのでんわは最低契約期間がありませんので、いつ解約しても契約解除料の支払いも不要です。

おうちのでんわの契約解除料は不要ですが、その他の解約費用が発生する可能性があります。

おうちのでんわ解約費用は以下です。

おうちのでんわ解約費用
  • 解約手数料
  • 端末代残債(残金)

上記の解約費用については以下で詳しく解説します。

解約手数料

おうちのでんわで利用していた「電話番号」に対しての解約手数料が解約時に発生します。

解約手数料1,100円
出典:https://www.softbank.jp/internet/ouchinodenwa/price/

2022年7月1日以降に「おうちのでんわ」を契約した場合は解約時の費用は発生しません。

2022年6月30日以前に契約したおうちのでんわの解約には「解約手数料」として1,100円が発生します。

執筆者:長井

この解約手数料は「契約」に対してのものではなく、利用していた「電話番号」をおうちのでんわで利用を停止するための手数料として支払うものです。

この解約手数料は「契約」に対してのものではなく、利用していた「電話番号」をおうちのでんわで利用を停止するための手数料として支払うものです。

アドバイス

NTT東日本・NTT西日本の一般加入電話やISDN電話を契約した際に取得した電話番号を「おうちのでんわ」で継続使用していた方が「おうちのでんわ」解約時に電話番号を廃止する場合には番号廃止手数料として1,100円が別途発生します。

端末代残債(残金)

おうちのでんわ専用端末(でんわユニット)を分割購入している方で解約時に端末代の残債(残金)がある場合解約後も完済するまで月々の分割支払い額を支払い続ける必要があります

以下、でんわユニットを36回分割購入で契約し12ヶ月目で解約したと仮定して解説します。

でんわユニットの端末代を36回分割購入すると月々474円(36ヶ月間)の支払いとなるものの、「月月割」が適用されて月額基本料金から月々474円割引(36ヶ月間)されるので端末代は実質無料です。

しかし、おうちのでんわを12ヶ月目に解約した場合は月額基本料金の支払いは不要となるものの、36回分割購入した端末代の残債(残金)があと24回の支払いが残っている状態となっています。

執筆者:長井

解約時にでんわユニット端末代の分割の残り(残債)がある場合は「一括清算する」か、もしくは解約後も残りの回数を「完済するまで分割で支払い続ける」か選択する必要があります。

おうちのでんわ契約から36ヶ月以内に解約すると「でんわユニットの分割の残金がある」ことを留意しておきましょう。

契約前に知っておきたい「おうちのでんわ」の注意点

「おうちのでんわ」を契約前に最低限知っておきたい注意点は以下です。

おうちのでんわ注意点
  • 発信できない電話番号がある
  • 電波が受信できるエリアでないと利用できない
  • FAXする際は「0009」を付ける必要がある
  • 契約住所以外へ持ち運び利用はできない
  • 停電時には利用できない

以下で詳しく解説します。

注意点 発信できない電話番号がある

「おうちのでんわ」では一部発信できない電話番号があります。

「おうちのでんわ」では利用できない(通話できない)電話番号は以下です。

発信できない番号
  • 0570で始まる分割課金サービス
  • 0990(災害時募金番号)
  • 0035(OCNアクセスポイント)
  • 一部の3桁特番

「0570」「0990」「0035」から始まる電話番号はおうちのでんわから電話を掛ける事ができません。
また、相手が通話中か調べる「114」など一部の3桁特番への発信もできません。

以下、おうちのでんわから発信できない3桁特番です。

発信できない
3桁特番
提供内容
114お話し中調べ
123可聴式料金即知
124進展通信
126着信課金
127ファクシミリ通信
135特定番号通知機能
136ナンバーお知らせ136
141でんわばん
143ファクシミリボックス
151メンバーズネット(内線)
152メンバーズネット(内線)
159あいたらお知らせ
161ファクシミリ通信
162ファクシミリ通信
168ボイスメール

執筆者:長井

ただし「110」「119」「118」の3桁特番(緊急通報)はおうちのでんわからでも発信可能です。

注意点 電波が受信できるエリアでないと利用できない

「おうちのでんわ」は携帯電話同様に電波を利用して通話ができるサービスです。

そのため「おうちのでんわ」を設置する住所(エリア)は電波の提供エリア内でなければ利用できません。

執筆者:長井

「おうちのでんわ」を契約前は設置する住所が提供エリア内かを確認しましょう。

「おうちのでんわ」の提供エリアはSoftBank公式サイトにあるサービスエリアマップで確認できます。

「サービスエリアマップ」ページへアクセスすると、上記のように地図で提供エリアかを確認可能です。

提供エリア確認の注意点

おうちのでんわの通信方式(電波)は「4G(FDD-LTE)」のみを利用します。
注意 5Gと3Gの通信は出来ません。

「サービスエリアマップ」では5Gや4G、3Gなど様々な電波の提供エリアを一度に確認できます。

そのため「おうちのでんわ」の提供エリアを確認する際は「SoftBank 4G / 4G LTE」エリアであるかを確認してください。

注意点 FAXする際は「0009」を付ける必要がある

「おうちのでんわ」は通話だけでなくFAXも利用可能です。

FAXを利用する際の注意点

「おうちのでんわ」から相手へFAXする際は相手のFAX番号の前に「0009」を付ける必要があります。

執筆者:長井

ファックスしたい相手のFAX番号(送信先番号)の前に「0009」を付けなければ送信することができません。

「おうちのでんわ」でFAX送信際、毎回「0009」の入力が必要です。

アドバイス

相手に自分の番号を通知する「186」・相手に自分の番号を非表示にする「184」を付けて電話をしますが、おうちのでんわのFAX送信の際も利用したい場合は「186」「184」の前に0009を付けてFAX送信してください。

注意点 契約住所以外へ持ち運び利用はできない

「おうちのでんわ」は携帯電話同様に「電波」を利用して通話が可能となるサービスですが、電波のエリア内であっても契約住所以外へ持ち運んで利用することは禁止されています。

登録いただいたご契約住所以外での利用を確認した場合、お客様に通知したうえで「おうちのでんわ」のご利用を停止します。

引用:https://cdn.softbank.jp/ybb/set/data/terms/pdf/attention-ouchinodenwa.pdf
執筆者:長井

おうちのでんわ専用端末(でんわユニット)は持ち運び可能なサイズなので、契約住所以外へ移動させて利用したい気持ちは解りますが禁止されているので注意しましょう。

ちなみに「おうちのでんわ」を契約住所以外で利用した場合は即時SoftBankにバレます。

もし、契約住所以外でおうちのでんわを利用した場合は一時的に利用停止される処置が実行されます。また、違反行為を続けると強制解約となる恐れがありますので契約住所以外での利用は絶対にやめましょう

注意点 停電時には利用できない

黒電話など外部電源を利用しなくても通話可能な電話機であれば停電時でも通話可能です。

停電時の注意点

「おうちのでんわ」は停電時に利用できません。

おうちのでんわ専用端末である「でんわユニット」は外部電源(コンセント)から電源を供給しているため停電時には「おうちのでんわ」が利用できなくなってしまいます。

執筆者:長井

台風や地震など災害時に停電した場合、「おうちのでんわ」は利用できなくなるため緊急通報(119など)も利用出来なくなる点は理解しておく必要があります。

まとめ

この記事ではソフトバンクエアーとセット契約でお得な固定電話サービス「おうちのでんわ」を解説しました。

おうちのでんわの最大の特徴は専用端末(でんわユニット)を設置するだけで03などの市外局番の電話番号が利用できる点です。(おうちのでんわは「電波」を利用して通話が可能となるため回線工事不要です。)

NTT一般加入電話やISDN電話を契約時に取得した電話番号であれば「おうちのでんわ」でも継続使用ができますし、使用しているの電話機もそのまま使い続けることができます。

「おうちのでんわ」の月額基本料金は1,078円ですが、ソフトバンクエアー等の対象サービスとセット契約するつ「でんわまとめて割」が適用されて月額基本料金が550円で利用できます。

さらに、ソフトバンクエアーの「Air 4G/5G共通プラン」との組み合わせで「でんわまとめて割」を適用すればソフトバンクエアーの月額基本料金から12ヶ月間毎月550円が割引される「SoftBank Air おうちのでんわセット割」が適用されるため、おうちのでんわの月額基本料金は12ヶ月間は実質無料となります。

また、36ヶ月間は月月割が適用されるため、「でんわまとめて割」の割引適用と合わせると36ヶ月間の月額基本料金はたったの76円となります。割引適用後の月額基本料金(76円)に「でんわユニット」の36回分割支払いが加算されて毎月の請求額は550円となります。(通話した際は通話料が別途加算されて請求されます。)

「おうちのでんわ」の通話料は一般加入電話よりも格安となるためコスト削減可能です。

\限定!最大37,500円還元中/
SoftBank Airの申込窓口
\限定!最大37,500円還元中/
SoftBank Airの申込窓口