ソフトバンクエアーは夜間に低速になる理由

ソフトバンクエアーの夜間の速度についてお調べですね。

インターネットは仕事や学校などから帰宅した夜の時間帯に利用する方が多いと思います。

しかし、ゴールデンタイムである夜の時間帯にソフトバンクエアーを利用してインターネットに接続すると「ホームページが表示されるまで時間がかかる」「動画が途中で止まってしまう」などの速度に問題を抱えている方が多くいらっしゃいます。

結論

ソフトバンクエアーは夜の時間帯(ゴールデンタイム)は速度が特に遅いサービスです。
契約前なら他のインターネット回線を検討しよう!

ソフトバンクエアーは利用者が増加する夜の時間帯はサービスの安定供給を目的として速度を低下させる通信制限が実施される場合があります。その為、ソフトバンクエアーを実際に契約して利用している方々の口コミを見ると「特に夜は速度が遅い」という方が多いです。

もし、ソフトバンクエアーを契約前で夜の時間帯にインターネットを利用する機会が多い方は、ソフトバンクエアーよりも他のインターネット回線の契約を検討された方が良いでしょう。

この記事では、ソフトバンクエアーは夜の時間帯にどのくらい速度に遅いのかを検証すると共に、実際に利用している方々の口コミをご紹介します。また、夜に利用する機会が多い方にソフトバンクエアー以外におすすめするネット回線も合わせてご紹介します。

ABOUT US
長井智
インターネット販売代理店で10年以上勤務し、各社光回線やプロバイダなどの販売に従事。現在は自らインターネット回線の販売代理店としても活動しながらトクハヤネットも運営中。 著者情報

※この記事の表示金額はすべて「税込」です。

ソフトバンクエアーは特に夜の時間帯は遅い

ソフトバンクエアーはインターネットを利用する時間帯として最も多い「夜に速度が遅い」という口コミをX(旧Twitter)で見かける機会が多いのが事実です。

そこで、ソフトバンクエアーを契約中の方の口コミをXで確認すると共に、時間帯別の平均速度、夜の時間帯でどのくらい速度が遅いのかを他社サービスと比較してみます。

夜の時間帯が遅いという口コミ多数

まずは、ソフトバンクエアーはどのくらい夜の時間帯は速度に問題があるのかをXで検索してみました。

執筆者:長井

ソフトバンクエアーを夜の時間帯に利用すると「遅い」「繋がらない」などの速度に問題があるという口コミをしている方がたくさんいらっしゃることが分かりますね。

アドバイス

ソフトバンクエアーを契約前の方で夜の速度が気になる方は、実際に契約して利用している方々の口コミが参考になります。Xなどで「ソフトバンクエアー 夜」などで検索して利用者の実際の声を調べてみることをおすすめします。

速度測定結果も夜の時間帯が最も遅い

SoftBank公式サイトにはソフトバンクエアーの最大通信速度が記載されていますが、あくまでも「最大」の速度であり実際のインターネットの速度は最大通信速度よりもかなり低下します。

そこで、ソフトバンクエアーを利用している方々が測定した平均速度をご紹介します。

以下は、2024年4月1日現在のソフトバンクエアーの利用者が速度を測定した時間帯別の平均下り速度です。

時間帯平均下り速度
134.37Mbps
99.54Mbps
夕方91.14Mbps
87.86Mbps
深夜131.27Mbps
出典:https://minsoku.net/speeds/softbank_air/services/softbank-air

「下り速度」とは、ホームページや動画などのデータをインターネットからダウンロードする際の速度となり、一般的なインターネットの利用の際には重要となる速度です。(単位が少ないほど遅い)

1日の時間帯を朝・昼・夕方・夜・深夜の5つに分けると、最もインターネットの利用者が増加する夜の時間帯がソフトバンクエアーの速度が低下していることが分かります。

アドバイス

インターネットは夜(ゴールデンタイム)に利用する方が多いので、ソフトバンクエアーで夜の時間帯にホームページ閲覧や動画視聴、オンラインゲームなどを行うと速度が遅いためにまともな利用ができない可能性があります。

他社ホームルーターの夜の速度と比較してみた

ソフトバンクエアーを利用する方々の「口コミ」や「測定した速度」から判断しても夜の時間帯の速度には問題があることが理解出来ますが、実際にどのくらい速度に問題があるのかを他社のホームルーター(ドコモhome5G)と比較してみます。

ドコモhome5G」はソフトバンクエアー同様に「電波」を利用してインターネットに接続するNTTドコモが提供する工事不要のサービスです。

以下は、2024年4月1日現在の「ソフトバンクエアー」と「ドコモhome5G」の夜の時間帯の平均下り速度を比較した表です。

サービス名平均下り速度
(夜の時間帯)
SoftBank Air87.86Mbps
ドコモ home 5G151.67Mbps
出典:https://minsoku.net/speeds/softbank_air/services/softbank-airhttps://minsoku.net/speeds/home_router/services/docomo-home-5g

上記は各サービスを契約して利用している方が実際に測定した速度を平均値にしたものです。

夜の時間帯の平均下り速度はソフトバンクエアーは「87.86Mbps」ですがドコモhome5Gは「151.67Mbps」もあります。

執筆者:長井

ソフトバンクエアーとドコモhome5Gの夜の時間帯の速度を比較すると、ドコモhome5Gの方が約1.7倍も速いことが分かりますね。

アドバイス

ソフトバンクエアーを利用している方々の口コミや測定した速度を見ると、夜に利用すると速度が低下することが解りましたが、他社サービスと比較してもソフトバンクエアーは夜の時間帯の速度が遅いことがよく分かります。

ソフトバンクエアーが夜に速度が低下する理由

上記で解説したように、ソフトバンクエアーは夜の時間帯は速度が低下します。

ソフトバンクエアーは夜の時間帯だけ極端に速度が低下する主な理由は以下の2つです。

夜に速度が低下する理由
  • インターネットに接続する電波を地域で共有しているから
  • サービス安定提供を目的に速度制限が実施されるから

電波を共有してるので利用者が増加すると速度が遅くなる

ソフトバンクエアーは携帯電話同様にAirターミナルが「電波」を受信してインターネットに接続するサービスです。

ソフトバンクエアーでインターネットに接続するために利用される「電波」はその地域の契約者と共有して利用しています。

夜の時間帯は仕事などから帰宅された方がインターネットを利用する時間帯でもあるため、インターネット利用者が増加する夜の時間帯はソフトバンクエアーで共有する「電波」の利用者も増加するため混雑により速度が低下します。

アドバイス

ソフトバンクエアーでインターネットに接続する「電波」は、基地局(電波塔)がある地域の方々と共有して利用しているため、利用者が増加する夜の時間帯(または休日など)には混雑して速度が低下しやすくなります。

利用者が増加する夜などはSoftBankが速度制限を実施する

SoftBank公式サイトではソフトバンクエアーの速度制限の実施について以下のような説明をしています。

ご利用の集中する時間帯(夜間など)は、サービス安定提供にともなう速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。

引用:https://www.softbank.jp/internet/air/data-about/

ソフトバンクエアーを利用する方が集中する夜の時間帯には利用者増加に伴いインターネットにまったく繋がらない状況が発生してしまいます。

その為、ソフトバンクエアーでは利用者が集中的に増加した場合はインターネットに繋がらない状況を無くすために速度制限を実施して速度を低下させてもすべての方が利用できる状況を作っています。

執筆者:長井

要するに、ソフトバンクエアーは利用者増加が原因でインターネットにまったく繋がらないよりも「速度を遅くしてでも利用者が平等にインターネットに繋がった方がいいよね!」という考えで速度制限を実施します。

アドバイス

インターネットは夜の時間帯に利用する方が多いので「夜は利用者が増加する」のは当たり前ですが、ソフトバンクエアーは利用者が増加すると「速度制限が実施される」のでどうしても夜は速度が遅くなりがちです。

ソフトバンクエアー以外の夜でも速度が安定しているおすすめ回線

ソフトバンクエアーは利用者が増加する夜(ゴールデンタイム)の時間帯には速度制限が実施される可能性があり、速度制限が実施された場合には満足できる利用が出来ません。

そこでここからは、夜の時間帯でも速度が安定しているソフトバンクエアー以外の回線をご紹介します。

ソフトバンクエアーよりも光回線サービスがおすすめ

ソフトバンクエアーは「電波」を利用してインターネットに接続するサービスなので、回線工事を行う必要がなく手軽に始められる点はメリットです。(メリットはそれぐらいです。)

しかし、電波は様々な障害物(ビル、木々、雨、壁など)に電波が当たると速度が低下してしまいます。

そこでおすすめの回線が「光回線」でインターネットに接続するサービスです。

光回線サービスは契約後に回線工事が必要ですが、ソフトバンクエアーのように環境に左右されやすい「電波」ではなく、「光回線」という線を利用してインターネットに接続するため利用者が増加する夜の時間帯でも速度が安定しています。

執筆者:長井

上記のように、ソフトバンクエアーから光回線サービスに変更したら「夜の時間帯でも速度が安定して速い」という口コミをしている方もいらっしゃいました。

おすすめの光回線サービスはソフトバンク光

ソフトバンク携帯(またはワイモバイル携帯)をご契約中の方は、ソフトバンクが提供する光回線サービス「ソフトバンク光」の契約をおすすめします。

以下、2024年4月1日現在のソフトバンクエアーとソフトバンク光の夜の時間帯の平均速度です。

サービス名平均下り速度平均上り速度
SoftBank Air87.86Mbps9.56Mbps
SoftBank 光282.7Mbps336.74Mbps
出典:https://minsoku.net/speeds/softbank_air/services/softbank-airhttps://minsoku.net/speeds/optical/services/softbank-hikari

夜の時間帯の平均下り速度は、電波で接続するソフトバンクエアーは「87.86Mbps」ですが光回線で接続するソフトバンク光は「282.7Mbps」です。(ソフトバンク光の方が約3.2倍も速い)

夜の時間帯の平均上り速度は、電波で接続するソフトバンクエアーは「9.56Mbps」ですが光回線で接続するソフトバンク光は「336.74Mbps」です。(ソフトバンク光の方が約35倍も速い)

執筆者:長井

ソフトバンクエアーをご契約中で夜の時間帯の速度にお困りの方は、回線工事は必要なものの速度が安定しているソフトバンク光への乗り換えをおすすめします。

まとめ

この記事ではソフトバンクエアーは「利用者の口コミ」や「利用者が測定した平均速度」などからインターネットを利用する時間帯が夜だと本当に速度が低下するのかを解説しました。

ソフトバンクエアーは「電波」を利用してインターネットに接続するサービスですが、電波は環境に左右されやすく速度が低下しやすい特性があります。また、ソフトバンクエアーの利用者が増加する夜の時間帯には速度制限が実施される可能性があります。

インターネットはゴールデンタイムの夜に利用する方が多いので、速度制限の可能性あるソフトバンクエアーよりも夜でも速度が安定して利用できる光回線サービスの契約をおすすめします。

ソフトバンクエアーは夜間の速度が遅いのですか?

ソフトバンクエアーを利用する方々の口コミ、そして利用者が実際に測定した平均速度などを総合的に判断すると、夜の時間帯は速度が低下する傾向にあります。

なぜ、ソフトバンクエアーは夜に速度が低下するの?

速度が低下する要因は様々あるため一概には言えません。ただし、ソフトバンクエアーでインターネットを利用する方が増加する夜の時間帯はサービス安定提供の観点から速度制限が実施される可能性があります。