ソフトバンクエアーは動画配信サービスの視聴が困難な場合あり

ソフトバンクエアーで動画配信サービスを視聴できるかお調べですね。

近年、インターネットに接続した端末で映画やドラマ、スポーツ観戦などを楽しめる動画配信サービス(Netflix、Hulu、DAZN、Amazonプライムビデオなど)を利用する方が急増しています。

そのため、動画配信サービスの視聴を目的にソフトバンクエアーの契約を検討している方も増えています。

結論

ソフトバンクエアーでは動画配信サービスは視聴困難な可能性があります。
また、視聴できたとしても画質(解像度)が低い場合があります。

ソフトバンクエアーで使用する専用端末(Airターミナル)が携帯電話と同じように「電波」を受信することでインターネットに接続できる”工事がいらない”サービスですが、ソフトバンクエアーを契約する建物や地域環境によって速度が遅く動画配信サービスを満足に視聴できない可能性があります。

この記事ではソフトバンクエアーと動画配信サービスの基礎知識をはじめ、ソフトバンクエアーでは動画配信サービス(Netflix、Hulu、DAZNなど)の視聴が困難な理由を解説するとともに、そして動画配信サービス視聴目的の方におすすめのインターネット回線をご紹介します。

ABOUT US
長井智
インターネット販売代理店で10年以上勤務し、各社光回線やプロバイダなどの販売に従事。現在は自らインターネット回線の販売代理店としても活動しながらトクハヤネットも運営中。 著者情報

※この記事の表示金額はすべて「税込」です。

ソフトバンクエアーと動画配信サービスの基礎知識

10年以上前は自宅で好きな映画やドラマなどを視聴するにはレンタルビデオ屋で「ビデオ」や「DVD」をレンタルしたり、スカパーやWOWOWに加入するしか方法がありませんでした。

しかし、近年はインターネットを介して映画やドラマなどを視聴できる「動画配信サービス」が一般的です。

そこでまずは、初心者の方向けに工事不要でWi-Fi環境(インターネット環境)が整う「ソフトバンクエアー」とインターネット回線を利用した「動画配信サービス」について解説します。

ソフトバンクエアーは工事不要のサービス

ご自宅のインターネット契約には回線工事が必要であるイメージをお持ちの方もいらっしゃいますが、ソフトバンクエアーは回線工事不要のホームルーター(Wi-Fiサービス)です。

執筆者:長井

ソフトバンク公式サイトのソフトバンクエアー紹介ページにも「工事のいらない おうちのWi-Fi」と記載があるように、ソフトバンクエアーは契約後の回線工事が不要のサービスです。

下の写真はソフトバンクエアーで使用する専用端末の「Airターミナル」です。

ソフトバンクエアーで使用するAirターミナルに電源を入れると携帯電話と同じようにAirターミナルがインターネットに接続するための「電波」を受信します。

ソフトバンクエアーの専用端末である「Airターミナル」が電波を受信して、その電波をWi-Fiに変換して発信します。そのAirターミナルのWi-Fiをパソコン等で接続することでインターネットが利用できる仕組みです。

アドバイス

ソフトバンクエアーは光回線などの「有線」ではなく、電波の「無線」でインターネットに接続できるサービスのため回線工事をする必要がなく専用端末である「Airターミナルを設置するだけ」なので申し込みから比較的早い時期に利用を開始することができます。

いつでもどこでも好きな動画が楽しめる「動画配信サービス」

数年前までは見たい映画やドラマなどをレンタルビデオ屋さんへ行ってビデオやDVDを借りて、さらに見終わったら返却しに行かなくてはなりませんでした。(レンタルビデオ屋さんへ行っても貸出中で見たい映画を借りれないこともありました。)

しかし、現在は「動画配信サービス」が一般的になってきています。

動画配信サービスとは

インターネットを介して好きな時に好きな映画やドラマ、アニメなどを様々な端末(テレビ、スマホ、パソコンなど)で視聴可能となるサービスの総称です。

動画配信サービスは、動画を視聴する端末(テレビやスマホなど)にインターネットを介して「動画データ」が送信されて映画やドラマなどが視聴できるようになる仕組みです。

執筆者:長井

動画配信サービスは、好きな動画をいつでも楽しめる「インターネットにあるレンタルビデオ屋さん」をイメージすると分かりやすいかもしれませんね。

主な人気の動画配信サービスは以下です。

サービス名特徴
Amazonプライムビデオプライム会員なら追加料金なし
Netflix国内外のオリジナル作品が人気
DAZN国内外の様々なスポーツが見放題
Hulu国内ドラマやバラエティが充実
Disney+ディズニーやピクサー作品が視聴可能
U-NEXT見放題の作品数が多い
dアニメストアアニメ専門でアニメ好きにおすすめ
ABEMAプレミアムオリジナル番組が見放題
アドバイス

各動画配信サービスによって月額視聴料や視聴可能な作品などに違いがありますので、これから加入予定の方は各サービス内容等をよく比較してから申し込みすることをおすすめします。

ソフトバンクエアーは動画配信サービス視聴目的の契約はおすすめしない

ソフトバンクエアーを契約予定の方の中には「Amazonプライムビデオ」「Netflix」「DAZN」「Hulu」などの動画配信サービスの視聴を目的とした契約をお考えの方もいらっしゃるようです。

しかし、ソフトバンクエアーは動画配信サービスの視聴目的での契約はおすすめしません。

おすすめしない理由
  • 速度が安定せず画質が粗くなる可能性がある
  • 動画を視聴する機会が多い夜に速度が低下する
  • 動画を視聴された方々の口コミが悪い

以下で詳しく解説します。

速度が安定せず画質が粗くなる可能性がある

ソフトバンクエアーは回線の工事不要というメリットはあります。

しかし、ソフトバンクエアーを契約した住所の「地域」「建物の構造」「電波塔(基地局)の位置」「悪天候」などにより電波を受信しづらく速度が安定しない可能性があります。

執筆者:長井

動画配信サービスを視聴する場合はインターネットの速度(特にダウンロード速度大変重要です。

インターネットの速度が遅いと「動画の画質が粗くなる」「途中で動画が止まる」などの問題が発生します。

以下、2024年3月1日現在のソフトバンクエアーの平均下り速度(ダウンロード速度)です。

平均下り速度92.78Mbps
出典:https://minsoku.net/speeds/softbank_air/services/softbank-air

動画配信サービスは下り速度が20Mbps程度あればスムーズに視聴することができますので、ソフトバンクエアーで下り速度が「89.82Mbps」もあれば問題ありません。

しかし、ソフトバンクエアーを契約した地域によっては速度が遅いことがあります。

ソフトバンクエアーを利用して速度を測定した上記の方の場合は下り速度(ダウンロード速度)が1.6Mbpsしかありませんので、満足な動画配信サービスの視聴ができない可能性が高いです。

ソフトバンクエアーは「電波」でインターネットに接続するサービスなので、電波の受信状況が悪いと動画の画質が粗くなるなどの問題が発生する場合があります。

アドバイス

ソフトバンクエアーを契約後に電波の受信感度が悪く動画視聴サービスを利用できない場合は、電波を受信する専用端末(Airターミナル)の置き場所を変えてみましょう。

動画を視聴する機会が多い夜間に速度が低下する

ソフトバンクエアーは夜の時間帯に速度が低下する傾向にあります。

以下、2024年3月1日現在のソフトバンクエアーの時間帯別下り平均速度です。

時間帯別下り平均速度
132.9Mbps
100.65Mbps
夕方91.15Mbps
85.78Mbps
深夜131.38Mbps
出典:https://minsoku.net/speeds/softbank_air/services/softbank-air

上記表のように、ソフトバンクエアーは夜の時間帯が一番速度が低下しています。

インターネットを利用する時間帯で最も混み合うのは仕事や学校などから帰宅した「夜」の時間帯なので、ソフトバンクエアーは夜に電波が混雑して速度が低下してしまうことがあります。

そのため、ソフトバンクエアーで夜に動画配信サービスを視聴すると動画の画質が粗いなどの問題が発生する可能性があります。

動画を視聴された方々の口コミが悪い

ソフトバンクエアーの通信で実際に動画配信サービスを利用した方の口コミも参考になります。

そこで、X(旧Twitter)でソフトバンクエアーで動画配信サービスを利用した方々の口コミを調べてみたところ、良いという口コミよりも悪い口コミの方が多いように感じました。

執筆者:長井

ただし、ソフトバンクエアーで動画配信サービスを視聴しても「問題ない」という方もいます。

アドバイス

ソフトバンクエアーで動画配信サービスを視聴した方の口コミは悪いですが、ソフトバンクエアーで使用する専用端末が5G通信対応の「Airターミナル5」で尚且つ5G通信可能なエリアであれば問題なく動画配信サービスを視聴できるはずです。

ソフトバンクエアー以外の動画配信サービスに最適のネット回線

上記でも解説したように、動画配信サービス(Amazonプライムビデオ、Netflix、DAZN、Huluなど)を視聴する場合はインターネットの下り速度(ダウンロード速度)が重要です。

そこでここからは、動画配信サービスの視聴を目的としたインターネット契約をご検討中の方を対象に、ソフトバンクエアー以外の動画配信サービスの視聴におすすめのサービスをご紹介します。

回線工事は必要だが速度が速い光回線サービス

ソフトバンクエアーは「電波」でインターネットに接続するサービスなので工事不要ですが、動画配信サービスを視聴する際に重要なインターネットの速度に不安があります。

そこで、動画配信サービスの視聴が目的の方には回線工事は必要なものの、速度が速く安定している「光回線」でインターネットに接続するサービスの契約をおすすめします。

光回線を利用してインターネットに接続するサービスは契約後に光回線を宅内へ引き込むための回線工事が必要となりますが、電波のように環境に左右されにくいため速度が安定して速い特徴があります。

以下、2024年3月1日現在のソフトバンクエアー同様にSoftBankが提供する光回線サービスである「ソフトバンク光」と動画配信サービスで重要な平均下り速度(ダウンロード速度)を比較したものです。

サービス名平均下り速度
SoftBank Air92.78Mbps
SoftBank 光305.13Mbps
出典:https://minsoku.net/speeds/softbank_air/services/softbank-airhttps://minsoku.net/speeds/optical/services/softbank-hikari

平均下り速度はソフトバンクエアーは「92.78Mbps」ですが、光回線でインターネットに接続するソフトバンク光は「305.13Mbps」もあります。

ソフトバンク光の平均下り速度はソフトバンクエアーよりも約3.3倍も速いので、ソフトバンク光ならNetflixなどの動画配信サービスも十分楽しめる速度です。

アドバイス

ソフトバンク光を新規契約すると回線工事が必要となり、申し込みから回線工事の実施まで約1~3ヶ月程度待つ必要があります。(工事の所要時間は1時間程度で終了します。)

しかし、ソフトバンク光の回線工事が実施されるまでの期間は工事不要のサービス(ソフトバンクエアーなど)を無料でレンタルできるので、申し込みから回線工事実施までインターネットが使えない期間はありません。

工事不要で下り速度が速いホームルーター

インターネットを契約する建物で回線工事ができない場合には、ソフトバンクエアー同様に「電波」でインターネットに接続するサービスでも下り速度が速いサービスの契約がおすすめです。

特にNTTドコモが提供している工事不要のホームルーター「home5G」は平均下り速度(ダウンロード速度)が速いため、ソフトバンクエアーよりも動画配信サービスの視聴におすすめのサービスです。

上の写真の左側がソフトバンクエアーで使用する専用端末「Airターミナル」、右側がドコモhome5Gで使用する専用端末「home 5G HR01」です。(2024年3月現在の最新端末は「home 5G HR02」です。)

以下、2024年3月1日現在の工事不要のサービス「ソフトバンクエアー」と「ドコモhome5G」の平均下り速度(ダウンロード速度)を比較したものです。

サービス名平均下り速度
SoftBank Air92.78Mbps
ドコモhome5G171.12Mbps
出典:https://minsoku.net/speeds/softbank_air/services/softbank-airhttps://minsoku.net/speeds/home_router/services/docomo-home-5g

ドコモhome5Gの平均下り速度は「171.12Mbps」もありソフトバンクエアーよりも速いため、ソフトバンクエアーよりも動画配信サービスを快適に視聴できる可能性があります。

ただし、ドコモhome5Gも「電波」でインターネットに接続するサービスなので、契約する地域や建物などの影響により速度が低下する可能性はあります。

まとめ

この記事ではソフトバンクエアーを動画配信サービス視聴目的で契約予定の方を対象に、各サービスの基礎知識をはじめ、ソフトバンクエアーは動画配信サービス(Netflix、Hulu、DAZNなど)の視聴を目的とした契約はおすすめしない理由を解説するとともに、動画配信サービスに最適のインターネット回線をご紹介しました。

動画配信サービスの視聴はインターネットの速度(特に下り速度・ダウンロード速度)が重要となりますが、ソフトバンクエアーは電波でインターネットに接続するサービスなので速度が安定したい場合があります。

そのため、動画配信サービスの視聴を目的としたソフトバンクエアーの契約はおすすめしません。

動画配信サービスの視聴を目的としたインターネット契約をご検討中の方には、回線工事が必要なものの下り速度が安定して速い「ソフトバンク光」、もしくはソフトバンクエアー同様に回線工事が不要なものの平均の下り速度が速い「ドコモhome5G」をおすすめします。