ソフトバンクエアーの解約手続き方法を解説

ソフトバンクエアーの解約についてお調べですね。

ソフトバンクエアーを契約中の方が「他社へ乗り換えたい」「速度が遅い」「料金が高い」「使わなくなった」などの様々な理由でソフトバンクエアーの解約をお考えのことと思います。

ソフトバンクエアーの解約手続きは解約専用の電話番号で受け付けています。

解約専用電話番号

0800-222-5090(通話料無料)
受付時間:10時~19時(年中無休)
出典:https://www.softbank.jp/support/faq/view/18972

ソフトバンクエアーの解約は解約専用の電話番号だけで受け付けており、上記の電話番号以外(My SoftBankやソフトバンクショップなど)ではソフトバンクエアーの解約手続きが一切出来ません。

また、ソフトバンクエアーの解約を申し込んだら「数万円請求された」という口コミもあるため、ソフトバンクエアーの解約をご検討の方は事前に解約時に発生する費用についても理解しておきたいポイントです。

この記事ではソフトバンクエアーの解約を検討中の方を対象に、費用(解除料や機種本体代の残債など)や具体的な解約方法やその流れ、解約金がかからない解約方法、そして解約に関するQ&Aなどをまとめて解説します。

ABOUT US
長井智
インターネット販売代理店で10年以上勤務し、各社光回線やプロバイダなどの販売に従事。現在は自らインターネット回線の販売代理店としても活動しながらトクハヤネットも運営中。 著者情報

※以下、表示金額はすべて「税込」です。

ソフトバンクエアーの解約時に発生する費用を理解しよう

まずは、ソフトバンクエアーの解約に伴う費用について解説します。

ソフトバンクエアーの解約時に発生する可能性がある主な解約金は以下です。

発生する可能性がある解約費用
  • 契約解除料
  • 機種本体代の残債
  • オプションサービスの解除料
  • レンタル端末の未返却/破損の賠償金
執筆者:長井

上記の解約費用は必ず発生するものではありません。
解約する契約プランや解約のタイミングなどにより支払いが不要となる場合もあります。

以下で詳しく解説します。

2年自動更新プランのみ契約解除料が設定されている

ソフトバンクエアーを契約する契約プランによって解約時に「契約解除料」が発生する場合があります。

契約プラン解除料
2年自動更新プラン10,450円
契約期間なしプラン不要
Air 4G/5G共通プラン不要
出典:https://www.softbank.jp/support/faq/view/18973

ソフトバンクエアーを解約時に契約解除料が発生するのは「2年自動更新プラン」のみです!

「契約期間なしプラン」と「Air 4G/5G共通プラン」は、どのタイミングで解約したとしても解除料の支払いは不要です。

契約時期が2021年9月14日以前

ソフトバンクエアーを2021年9月14日以前に契約した方は「2年自動更新プラン」もしくは「契約期間なしプラン」のいずれかで契約しており、「2年自動更新プラン」だけ解除料が設定されています。

補足「2年自動更新プラン」「契約期間なしプラン」は2021年9月14日に新規受付を終了した旧プランです。

契約時期が2021年9月15日以降

ソフトバンクエアーを2021年9月15日以降に契約した方は「Air 4G/5G共通プラン」で契約しています。(Air 4G/5G共通プランには解除料は設定されていません。)

補足「Air 4G/5G共通プラン」は2021年9月15日に受付を開始した料金プランです。

執筆者:長井

ソフトバンクエアーを「2年自動更新プラン」でご契約中の方は、解約しても解除料が発生しない「Air 4G/5G共通プラン」へプラン変更してから解約すると良いでしょう。

ちなみに、プラン変更に伴う手数料等は不要です。
プラン変更に関しては0800-1111-820へお問い合わせください。

アドバイス

旧プランである「2年自動更新プラン」は契約期間中である24ヶ月以内に解約すると解除料として10,450円が発生します。しかし「契約解除料不要期間」のタイミングで2年自動更新プランを解約した場合は解除料の支払いは発生しません。

「契約解除料不要期間」とは、24ヶ月目の「契約満了月(1ヶ月間)」と契約が自動更新された「1ヶ月目と2ヶ月目(2ヶ月間)」の合計3ヶ月間のことを言います。

端末を分割購入している場合の残債は最大71,280円

ソフトバンクエアーでは「Airターミナル」と呼ばれる端末が電波を受信することによってインターネットに接続できるサービスですが、このAirターミナルは「分割購入(割賦契約)」が可能です。

機種分割支払額
(36回)
Airターミナル5月々1,980円
×36ヶ月間
Airターミナル4月々1,650円
×36ヶ月間
出典:https://www.softbank.jp/internet/air/price/

「Airターミナル5」は2021年10月に発売された5G通信も可能な最新機種です。

「Airターミナル5」を36回の分割購入をした場合は月々1,980円の支払いとなります。(一括購入の場合は71,280円)

また、「Airターミナル4」を36回の分割購入をした場合は月々1,650円の支払いとなります。(一括購入の場合は59,400円)

解約時点で分割を完済していない場合

Airターミナルを分割購入(割賦契約)している方でソフトバンクエアーを解約するタイミングでは分割の支払いを完済していない場合は「解約後も完済するまで分割支払額を月々支払う」か、もしくは「解約後に残債(分割の残りの額)を一括で支払う」必要があります。

執筆者:長井

ソフトバンクエアーを契約する方の多くは専用端末である「Airターミナル」を36回分割購入する契約をしており36ヶ月間で端末代を月々支払っていますが、36ヶ月以内に解約すると解約後も36回の分割支払いを完済するまで支払い続けなければなりません。

アドバイス

例えば、「Airターミナル5」を36回分割購入した場合は月々1,980円を36ヶ月間で支払いますが、24ヶ月目にソフトバンクエアーを解約した場合は「36-24=12」で12回分(12ヶ月間)の分割支払いが残っている状態となります。そのため、解約後の翌月からも12ヶ月間は分割を完済するまで月々1,980円を支払い続けるか、一括で23,760円(1,980×12)を解約時に支払う必要があります。

一部のオプションサービスは解除料が発生する

ソフトバンクエアーの契約に付加して様々なオプションサービスも加入可能ですが、もし以下のオプションに加入している場合は解約時にオプションの違約金などが発生する可能性があります。

以下、ソフトバンクエアーの解約時に解除料等が発生するオプションサービスです。

オプション解除料等
Yahoo! BB基本サービス
(プレミアム)
24ヶ月内の解約:
解除料最大3,300円
バリューパックタブレット端末の残債:
50,544円-(1,404円×契約月数)
契約満了月以外の解約:
違約金5,500円
出典:https://www.softbank.jp/support/faq/view/18973

ソフトバンクエアーの解約で違約金等の支払いが発生しないオプションサービスもあります。また、ソフトバンクエアーの解約手続きをしても同時に解約されないオプションサービスもあります。(個別に解約が必要なオプションサービスもある。)

ソフトバンクエアーを解約する前に以下の内容も合わせて確認しておきましょう。

解約前に確認すべきこと
  • どんなオプションサービスに加入しているのか
  • ソフトバンクエアーの解約でオプションも同時解約となるのか
  • ソフトバンクエアーの解約後でも継続可能なオプションはあるのか
  • 契約中のオプションは本当に必要か

レンタル端末の未返却/破損の賠償金は最大33,000円

ソフトバンクエアーの専用端末であるAirターミナルは「購入契約」と「レンタル契約」の2つの契約方法があり、「レンタル契約」している場合には解約後に返却する必要があります。

最新端末の「Airターミナル5」は購入契約のみです。
Airターミナル5はレンタル契約ができません。

ソフトバンクエアーを解約後にレンタル端末を返却しなかった場合は「未返却に対する違約金」が、返却の郵送時に破損してしまった場合は「修理交換料金」の支払いが発生しますので注意が必要です。

端末機種2022年6月30日以前に
契約成立している
2022年7月1日以降に
契約成立している
Airターミナル1/1.523,000円10,000円
Airターミナル2/333,000円10,000円
Airターミナル433,000円13,000円
Airターミナル4 NEXT33,000円16,000円
引用:https://www.softbank.jp/internet/support/inquiry/return/

解約後に端末を返却しなかった場合は最大33,000円もの高額な請求が行われますので、ソフトバンクエアー解約後にはレンタル端末を破損しないように梱包して返却しましょう!

アドバイス

Airターミナルをレンタル契約しているソフトバンクエアーを解約した後は、高額な修理代が請求されないようにレンタル品の返却の際には以下の点を注意しましょう。

  • 衝材を使って端末を梱包すること
  • 品目名に「精密機器」と記入すること

ソフトバンクエアーの解約は電話のみで受付中

ここからはソフトバンクエアーの解約方法について解説します。

ソフトバンクエアーの解約方法は「電話受付のみ」です。

ソフトバンクエアーの解約はWeb受付やソフトバンクショップ等の店舗受付は行っていません。

解約の受付は解約専用の電話番号へ

ソフトバンクエアーの解約手続きや解約の事前相談は以下の電話番号で受け付けています。

解約受付電話番号

SoftBank Air サポートセンター
解約専用電話番号:0800-222-5090(通話料無料)
受付時間:10時~19時(年中無休)
出典:https://www.softbank.jp/support/faq/view/18972

上記の電話番号はオペレーターが対応してくれる解約手続き専用窓口です。
(必ず受付時間内に電話をしてください。)

解約専用の電話番号に電話をしても混雑してオペレーターになかなか繋がらない場合は、指定した日時に電話をしてくれる「解約専用電話サポート予約」を利用しましょう。

「解約専用電話サポート予約」には、My SoftBank(会員ページ)にログインするための「S-ID」と「パスワード」が必要です。(S-IDとパスワードが解らない方はこちらをご確認ください。)

アドバイス

サポートセンターの0800-1111-820の番号は総合窓口となりますので、解約手続きを行いたい方や解約の相談をしたい方は解約専用の電話番号(0800-222-5090)へ電話をしましょう。

解約手続きの際に必要なもの

ソフトバンクエアーの解約は電話で受け付けていますが、解約手続きの際には何が必要となるのでしょうか。

以下、解約の際に必要なものです。

解約に必要な情報
  • 契約者情報(契約者の氏名と生年月日)
  • 契約時に登録した連絡先電話番号
  • カスタマーID

ソフトバンクエアーの解約に必要なものとしては、契約者の氏名や生年月日の「契約者情報」と契約時に連絡先として登録した「電話番号」です。

また、「カスタマーID」があればいっそう良いでしょう。

ソフトバンクエアーを契約後にSoftBankから送られてきた「ご利用開始のご案内」にカスタマーIDが記載されています。「ご利用開始のご案内」は書面で郵送されてくるほか、ソフトバンクエアーの申し込み時に登録した携帯電話のSMS(ショートメール)に送られて来ています。

「ご利用開始のご案内」が見当たらない方は、My SoftBankへログインすることでカスタマーIDが確認可能です。

アドバイス

ソフトバンクエアーの解約は原則契約者の家族であっても、契約者本人以外は解約を受け付けて貰えません。

ただし、契約者が死亡された場合は死亡された契約者の親族(二親等以内)の方であれば解約を受け付けてくれます。

解約手続きを行った月の末日が解約日

ソフトバンクエアーの解約を検討中の方は、以下のようなお悩みをお持ちのようです。

  • 何日前に解約手続きをすればいいのか…
  • 解約の予約は可能なのか…
  • 解約手続きをしたのに使えるんだけど…

上記の疑問をすべて解決する回答は以下です。

解約日について

ソフトバンクエアーの解約日は解約手続きを行った月の末日です。

以下、ソフトバンクエアーの解約手続きを3月5日に電話で行った、と仮定して説明します。

ソフトバンクエアーの解約手続きを行った日が「3月5日」だった場合、3月の末日である「3月31日」が解約日となります。

解約手続きが完了した日が解約日ではなく、解約手続きが完了した日が属する月の末日が解約日となります。

執筆者:長井

「解約した月の月額基本料金は日割りになるの?」という質問を受けることがありますが、月の途中で解約手続きを行っても解約手続きを行った月の末日が解約日となりますので月額基本料金は日割り計算されません。

執筆者:長井

また、「解約手続きを行ったのに繋がるのはなぜか?」という質問を受けることがありますが、解約日は解約手続きを行った月の月末となりますので解約手続きを行った月の末日までは使える状態です。

アドバイス

ソフトバンクエアーの解約日は解約手続きを行った月の末日となりますので、月末が近くなる25日以降は解約を受け付ける電話は大変混み合います。そのため、解約したい月になったら早めに解約手続きを行うことをおすすめします。

Airターミナルを購入契約している場合は返却不要

ソフトバンクエアーを解約後に「使用していたAirターミナル(専用端末)を返却しないと…」と考える方が多くいらっしゃいますが、Airターミナルを返却しなければならないのは「レンタル契約」をしていた方だけです。

ソフトバンクエアーで使用するAirターミナルは、一括か分割で購入する「購入契約」SoftBankからレンタルする「レンタル契約」の2つの契約形態があります。(ただし、最新端末の「Airターミナル5」はレンタル契約が不可。)

執筆者:長井

ソフトバンクエアーのAirターミナルをレンタル契約するよりも購入契約した方が毎月の請求額が安いので、9割以上の方がAirターミナルを「購入契約」をしています。

Airターミナルを「購入契約」していた場合はAirターミナルは契約者の所有物となりますので、ソフトバンクエアーを解約後にSoftBankへ返却は不要となります。

ただし、Airターミナルを「レンタル契約」していた場合は解約後にSoftBankへ返却する必要があります。

アドバイス

ソフトバンクエアーを解約後に手元に残った購入しているAirターミナルは他の役割としての再利用ができません。

Airターミナルはソフトバンクエアー専用のルーターでいわゆるSIMロックがかかっているので他社のSIMカードを入れても利用することができません。そのため、ソフトバンクエアー解約後にはAirターミナルを適切に処分するか、フリマなどで売るしかありません。

ソフトバンクエアーの解約費用を抑える方法

ソフトバンクエアーを解約したい方の中には「解除料」や「Airターミナル(端末)の分割残債」などの費用の支払いが原因で解約したくても解約できない方もいらっしゃいます。

そこでソフトバンクエアーの解約費用を少しでも抑える方法をご紹介します。

解約費用を抑える方法
  • 「8日間キャンセル」でキャンセルする
  • 契約時に解除料が不要となるプランへ変更する
  • 解約金を負担してくれる他社の回線へ乗り換える
  • ソフトバンク光へ「サービス変更」で乗り換える

以下で詳しく解説します。

「8日間キャンセル」なら負担が最小限でキャンセルできる

ソフトバンクエアーを契約直後に以下のような思いをした方はいませんか?

  • 圏外でネットにまったく繋がらない
  • 電波状況が悪く繋がりにくい
  • 速度が遅くて使い物にならない

上記のような方は「8日間キャンセル」で契約をキャンセル可能です。

8日間キャンセル

契約成立日1から8日以内であればクーリングオフに似ている「8日間キャンセル」でソフトバンクエアーの契約を無料でキャンセルすることが可能です。

  1. Airターミナルの到着日、もしくは契約書面の到着日の遅い方を1日目が契約成立日です。 ↩︎

ご自宅・勤務先・通学先などの電波状況が不十分な場合、または十分な説明がなされていなかった場合や契約書面が交付されていない場合に、サービス提供開始日または契約書面受領日のいずれか遅い方から当該日を含む8日間、ご契約のキャンセルができます。

引用:https://www.softbank.jp/support/faq/view/14633

8日間キャンセルに伴う費用は以下です。

解除料無料
契約手数料無料
月額基本料無料
Airターミナル
分割支払い
無料
※但し、返却が必要

「8日間キャンセル」でソフトバンクエアーの契約を解除(キャンセル)すると、本来解約時に発生する解除料や手数料などの解約費用は不要となります。

SoftBank Airサポートセンター
電話番号:0800-1111-820
受付時間:10時~19時

「8日間キャンセル」でソフトバンクエアーの契約を解除したい方は、上記の電話番号へ契約成立日から8日以内に電話をしてオペレーターに「8日間キャンセルでソフトバンクエアーの契約を解除したい」と伝えてください。

本来、ソフトバンクエアーの解約時に専用端末のAirターミナルの残債(端末本体代の分割支払いの残り)がある場合は残債を完済するまで支払い続ける必要があります。

しかし、8日間キャンセルで契約を解除した場合に限りAirターミナルの残債の支払いは不要となります。(ただし、8日間キャンセル後はAirターミナルをSoftBankへ返却する必要があります。)

アドバイス

ソフトバンクエアーを8日以内に契約をキャンセルするには「クーリングオフ」「初期契約解除」「8日間キャンセル」の3つの方法があります。それぞれの制度はキャンセルできる「条件」や「内容」がまったく異なります。

Air 4G/5G共通プランなら解除料が不要となる

ソフトバンクエアーの「2年自動更新プラン」を契約解除料不要期間以外で解約すると10,450円の契約解除料が発生します。

現行の契約プラン「Air 4G/5G共通プラン」はいつ解約しても解除料は不要ですが、旧契約プラン「2年自動更新プラン」は解約するタイミングによって解除料(10,450円)の支払いが発生してしまいます。

契約プラン解除料
2年自動更新プラン10,450円
Air 4G/5G共通プラン不要
出典:https://www.softbank.jp/support/faq/view/18973

そこで、「2年自動更新プラン」から「Air 4G/5G共通プラン」へプラン変更した後にソフトバンクエアーを解約すれば解除料の支払いは不要となります。

2年自動更新プランの「レンタル契約」はプラン変更できません。
プラン変更可能なのは「分割購入契約(割賦契約)」のみです。

アドバイス

「2年自動更新プラン」を解約時に契約解除料は発生する場合は、「Air 4G/5G共通プラン」へ一旦プラン変更し、プラン変更後に解約すれば契約解除料が発生しません。

ちなみに、プラン変更手続きに対する手数料等は一切発生しません。

解約金を負担してくれる他社回線がある

ソフトバンクエアーは解約のタイミングで解除料や端末代の残債など様々な費用が発生する場合があります。

特にソフトバンクエアーの解約理由で多いのが「速度の不満」です。

「速度に不満があって解約したいけどインターネット環境は必要…」
「でも、端末代残債など解約費用の負担が大きくて他社へ乗り換えられない…」

上記のような方はソフトバンクエアーの解約費用を負担してくれる他社のインターネット回線へ乗り換えるとソフトバンクエアーの解約費用の支払いは発生するものの、支払った解約費用の同額相当をキャッシュバックしてくれるので負担なく他社へ乗り換えられます。

「サービス変更」手続きでソフトバンク光へ乗り換えられる

SoftBankではソフトバンクエアー以外にも光回線を利用した「ソフトバンク光」を提供しています。

ソフトバンクエアーの契約者はソフトバンク光へ乗り換える「サービス変更」という手続きがあります。

サービス変更

ソフトバンクエアーからソフトバンク光へ「サービス変更」で契約を乗り換えた場合、ソフトバンクエアーは解約となりますがソフトバンクエアーの解除料の支払いは不要となります。

但し、「サービス変更」手続きでソフトバンクエアーからソフトバンク光へ乗り換える際、ソフトバンクエアーの解除料は不要になるものの、ソフトバンク光で利用する光回線を引き込む開通工事費の支払いは必要です。

「サービス変更」でソフトバンクエアーからソフトバンク光へ乗り換える時にAirターミナルの端末代の分割支払いの残り(残債)がある場合は「乗り換え後にも残債を完済するまで分割支払いを行う」か、もしくは「乗り換え時に残債を一括で全額を支払う」必要があります。

まとめ

ソフトバンクエアーの解約は簡単にまとめると以下の流れとなります。

  1. 解約専用ダイヤルに電話番号へ電話をする
    0800-222-5090(受付時間:10時~19時)
  2. レンタル契約はAirターミナルを返却する
    (購入契約の場合は返却不要)

ソフトバンクエアーの解約申込方法は電話でのみ受け付けているため、Web(My SoftBank)や店舗(ソフトバンクショップなど)では解約手続きができません。

解約日は解約申込月の月末となるため、月末に近づくと電話が混み合うので注意が必要です。また、Airターミナルをレンタル契約している人は解約申込後に返却物を指定の住所へ返送します。

2年自動更新プランを解約する場合、解約のタイミングによっては契約解除料(10,450円)の支払いが必要です。ただし、ソフトバンクエアーの2年自動更新プランを解約する前に一旦「Air 4G/5G共通プラン」へプラン変更してからプラン変更後に解約すればいつ解約しても契約解除料の支払いは不要で解約可能です。

また、Airターミナルを分割購入している場合は残債(分割支払いの残り)があると解約時に一括で支払うか、もしくは分割残債額を完済するまで分割で支払い続ける必要があります。

ソフトバンクエアーの解約前には、解約手続き方法以外にも解約費用もよく理解しておきましょう。

ソフトバンクエアーの解約方法は?

ソフトバンクエアーの解約は電話のみです。そのため、My SoftBankやショップなどでは解約手続きが出来ません。解約専用窓口は電話番号:0800-222-5090(受付時間:10時~20時)

ソフトバンクエアーの解約はいつまでに手続きが必要ですか?

ソフトバンクエアーの解約手続きが可能な電話は毎月25日~月末まで混み合う傾向にあるため、毎月24日までに解約手続きを済ませましょう。ちなみに、ソフトバンクエアーの解約手続きを行った日が属する月の末日が解約日となります。(例えば、1月5日に解約手続きをした場合は1月の末日である「1月31日」が解約日です。)

ソフトバンクエアーの解約は店舗でも手続きできますか?

いいえ、できません。ソフトバンクエアーの解約手続きは解約専用の電話番号(0800-222-5090)のみで受け付けています。そのため、ソフトバンクショップなどの店舗では一切解約手続きはできません。

ソフトバンクエアーの解約の際に必要なものは?

契約者の氏名や生年月日の「契約者情報」と契約時に連絡先として登録した「電話番号」が必要です。また、「カスタマーID」が解るとなお良いでしょう。

ソフトバンクエアーの主な解約費用は何ですか?

ソフトバンクエアーの主な解約費用は「解除料」と「端末代の残債」です。「Air 4G/5G共通プラン」の場合はいつ解約しても解除料の支払いは不要です。また、解約時にAirターミナルの端末代の分割が完済していない場合は、解約後にも完済するまで分割額を払い続けるか、解約時に残債全額を一括で支払う必要があります。

ソフトバンクエアーを解約手続きをしたのに使えるのはなぜですか?

ソフトバンクエアーは解約手続きが完了した月の末日が解約日となるため、解約手続きをした日の月末日まで使えます。

ソフトバンクエアーを解約した月は日割りですか?

いいえ。ソフトバンクエアーは解約手続きが完了した月の末日が解約日となります。そのため、解約した月の月額利用料金は日割りされません。

ソフトバンクエアーは本人以外でも解約手続きができますか?

原則、ソフトバンクエアーは契約者本人でなければ解約手続きを受け付けてくれません。ただし、ソフトバンクエアーの契約者がお亡くなりになった場合に限り、お亡くなりになった契約者の親族(二親等以内)の方であれば解約を受け付けてくれます。